社内ニートが巡る全国旅日記

今にも会社クビになりそうな超ド底辺社畜ニートがいろんなとこ巡ってます

東北が誇る縄文時代の巨大遺跡 三内丸山遺跡に行ってきたっぺ

東北旅行3日目に突入

 

今日は三内丸山遺跡にやってきました。。結構離れてるのかと思ったら青森市内じゃないかよ。およそ5000年前に暮らしていた縄文人の住居がここで発掘されたんよ

20150503-093909.jpg

 

館内に入るとさっそくこんなゆるキャラがお出迎え、名前は「さんまる」ってなんもひねってないじゃなかよw 駐車所もギリギリ空いてたし、入場料も無料だったし文句無かった

20150503-094033.jpg

 

雲一つない快晴。。しかも真夏のような暑さ。。

20150503-095739.jpg

 

緑に生い茂った芝生と菜の花がとてもきれいでした

20150503-100915.jpg

 

地元のガイドさんについていく。ここも世界遺産登録を目指してるんだってさ

20150503-095945.jpg

 

発掘坑の見学。動物の骨や貝殻やいろんな穀物の跡が出てきたんだって

20150503-095232.jpg

 

ここは墓だって

20150503-095833.jpg

 

ここは当時の磁器やいろんな道具を作ってた工場なんだって

20150503-100823.jpg

 

当時の倉庫だそうです。

20150503-100144.jpg

 

三内丸山遺跡といったらこれでしょう。。これは一体何なんだ?って思う人多いでしょう。。いろんな専門家が調査中なんだけど、何なのかは未だに分かっていないそうです。

 

高さ27メートル。素材はなんと栗の木だそうです。。こんなぶっとい栗の木なんてバカな。。と思いましたが、当時はここは栗の木に囲まれていてこんな巨木があったそうです。実際に復元に使った木もロシアから運んできた栗の木だそうです。

 

ただでもらえたそうですが、運搬費用に2億円かかったそうですよ

20150503-101505.jpg

 

これが発掘坑

20150503-102103.jpg

 

縄文パノラマビューというのがあって6本柱と同じ高さまで上げてもらえる。これも無料で高さ27メートルっていうのがどれくらいの高さなのか体験できるというもの。私は乗らなかったけどね。。

20150503-102505.jpg